システムの基本的な仕組み
 本システムを利用する場合には、インターネット上のFFMシステム(以下、FFM)へアクセスし、ユーザーログインを行います。
水揚げ業者が、生鮮物の分類種(魚種)、収穫地・日時、保管温度、鮮度(K値)、数量、取引単位などの情報を入力します。
売買業者はFFM上のマーケットから、購入品を選択します。そして、購入品の情報は引継がれ、各流通拠点の情報により温度履歴、保管場所履歴が記録されます。また、随時、リアルタイムな鮮度等の属性情報を閲覧できます。

システムの特徴
 生産者から消費者への直接売買を目的とした、従来のインターネット取引では、商品よりも高い送料の負担や生鮮物の品質への配慮が問題となっていました。このFFMでは、従来の卸売市場の機能を保持あるいはインターネットに置き換えることで、個別の商品の品質を管理しながら、いつでもどこからでも迅速かつ大量輸送を実現できます。
  FFMでは、生鮮物の温度履歴や貯蔵状態についての情報を入力する必要がありますが、今日食品衛生への関心が高まるなかにあっては、残された記録が原料の安全性を証明できることもあって、今後普及拡大が望めるものであると確信するものです。

システムの普及
 FFMが今後、漁協・農協の生産者からコンビニなどの販売者まで幅広く利用していただけることを切に願っています。
特に、生産者の方々には、現地での一次処理(頭や内臓などを除去)やパッケージングなどにより付加価値を付与することで出荷することも可能になりますし、コンビニ・スーパーなどでは消費期限の設定や休日の生鮮物入荷が可能となるなど、衛生に配慮しながら高品質の商品をお客様に提供できるようになります。
 今後、重要な用事を満たすツールとして、その利用促進に努めたいと考えています。


FFMでは、「温度管理」「鮮度管理」「ユビキタス」をキーワードにシステムを構成しています。これから派生するサービスとして、原料HACCP(原料の安全性を証明)への適応、PL法対策、さらには生産者から販売者に至るまでの衛生に対する関心、すなわち、高品質・高付加価値化を目指していただきたいと考えています。
さらには、従来のセリでは販路先が限られていましたが、このシステムを活用することで、新たな営業展開や効率的な輸送ができることを願っています。


 
  → FFMに求められるものとは何か?

FRESH FOODS MARKET(FFM)についての詳細な説明は個別対応とさせていただきます。直接弊社(下記連絡先)までお問い合わせください。
株式会社コスマック   担当:中川、椛澤    TEL   :   03-5919-3781
homeへ