topページへ戻る

ソリューションポリシー

オブジェクト設計への取り組み

オブジェクト指向とは業務ノウハウを理解し本質を見極めることである

 プログラム開発の効率化に伴うオブジェクト指向分析、設計、プログラミングが採用されてから 既に10年以上が経過しているにも関わらず、そのメリットを活かすような製品の開発形態が十 分に整備されていないのが現状である。

これらの課題はソフト開発者が「何でも屋」にとどまる限 り解決されない問題である。
これらのことを実現するには、ユーザー以上にその業務に精通して いなければ、業務の抽象化やデータ中心の思考といったオブジェクト指向に基づく開発は不可能 である。  

そのため、私達は特化したソリューション分野にて提案していきます。

 

本質は何か?

目的は何かを考えよう

ソフト開発は、その目的がパッケージなのかカスタマイズなのかによって視点を変えなければならない。
パッケージではインターフェースを、カスタマイズでは機能的な側面を重要視する必要がある。  

例えていえば、開発ツールを用いる目的はコスト低減と工期の短縮が目的といえる。
しかし、インターフェースにこだわるあまり、結果的に本来の目的が十分に達成されないケースが多いことがある。     

私達は、目的に添った最短のソリューションを提案いたします。

 

ソリューションを考える

既存のソリューション形態に執着しないことが重要!!

業務の合理化等の改善を考える場合に、コンピュータのシステムだけに注目した発想をしてはならない。
ある産業の組織構造的な欠陥が露呈した場合、コンピュータの導入だけで問題が解決すること はない。
組織の形態や作業の手順を変え、コンピュータシステムと融合した最適な組織形態を作るこ とが最善の策なのである。

品質管理の工程における最初の仕事は、事務的なファイル(資料)の管理からはじまる。  

この部分から徹底させる考えがなければ、合理化といっても絵に描いた餅になってしまう。  

私達は、組織や作業形態における効果を考慮し、そのあり方について進言させていただきます。

 

間違いだらけのツール選び

メンテナンスを考慮しすぎて古いツールを多用しないこと!!

各種ソリューションツールの技術の変遷は速く、従来の汎用機技術のように古いソフトの文化を 引きずっていたのでは、社会の進歩に対応不可能となると当時に、減価償却前に新しい設備投資を 強いられコストの増大につながる。  

そこで、最近の表計算ソフトのような柔軟な機能は、ユーザーのあらゆるニーズに対応できる。 そのフレキシブルな点が今までの専用に作成されたソフトのオペレーションと異なる文化であり とりわけフットワークの良さが、多機能を安価なコストで実現する手段となっていることに気づ くべきであろう。  

それがシステムの運用上致命的な影響を与えるのでなければ、そのメリットを活かし、より広いソリュ ーションが可能なことに重点をおいたパッケージの選択が必要と思われる。  私達は、問題解決に視点を当てパッケージで済むところはパッケージを用いた提案をいたします。